縮尺

縮尺の問題です。

比の考え方メートル法の単位をしっかり理解していることも必要になりますので、復習しておいてください。

縮尺とは

縮図で長さを縮めた割合がを縮尺といいます。

例)たての長さが50 mのプールの縮図を書きます。

実際のたての長さを25 mmのするときの縮尺をもとめます。

*単位をそろえる

50 m=5000 cm=50000 mm です。

縮図上の長さ : 実際の長さ

25mm  :   50 m  = 25mm : 50000mm =25 : 50000= 1 : 2000

プールの縮尺は 1 : 2000 となります。

分数で 縮尺  

2000分の1 とも表せます。

 

実際の距離から縮図上の距離をあらわす

実際の距離が2kmで縮尺が25000分の1のとき、縮図上の長さを求めます。

2Km=2000m=200000cm

200000÷25000=8     答え 8cm

*25000分の1をかけるかけ算にしても良い。

縮図上の距離から実際の距離を出す

縮尺が25000分の1で縮図上の長さが4cmのときの実際の距離を求めます。

4×25000=100000 (cm)

10000 (cm)=1000 (m)= 1(km) 答え 1km

ポイント

単位は mm⇄cm⇄m⇄km と順番に変換していったほうがミスが少なくなります。

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

syukusyaku1_1のサムネイル syukusyaku1_2のサムネイル

syukusyaku2_1のサムネイル syukusyaku2_2のサムネイル

 

つまずきをなくす 小6 算数 計算【分数・速さ・文章題】

新品価格
¥1,080から
(2018/10/25 16:37時点)

(Visited 189 times, 3 visits today)