三角形の面積

三角形の面積の問題です。

今後いろいろな図形問題で必要となりますので、公式を覚えるというより身につけるようにしてください。

三角形の面積

三角形の面積は、三角形を2つ組み合わせると平行四辺形になることから考えます。

 →

三角形の面積は平行四辺形の半分になります。

三角形の面積=底辺×高さ÷2

計算のポイント

底辺か高さが2の倍数なら、先に底辺か高さを2でわってから面積を求めてみましょう。

例)下の三角形の面積を求める

13×12÷2=13×(12÷2)=13×6=78  答え78㎠

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

sankaku1_1のサムネイル sankaku1_2のサムネイル

sankaku2_1のサムネイル sankaku2_2のサムネイル

(Visited 806 times, 1 visits today)