分数の種類

分数の種類の問題です。基本事項をしっかり確認しましょう。

分数の種類には、「真分数「仮分数」「帯分数」の3つがあります。

基本事項

真分数

分母が分子より小さい分数を真分数といいます。

例)

仮分数

分子が分母より大きい等しい分数を仮分数といいます。

例)

*仮分数は1と等しいか1より大きくなります。

帯分数

整数と真分数の和で表されている分数を帯分数といいます。

例)

*帯分数は1より大きくなります。

数直線で表して、それぞれの分数の大きさを確認するようにしましょう。

練習問題をダウンロード

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

syurui1のサムネイル syurui2のサムネイル

(Visited 503 times, 1 visits today)