計算のきまり

計算のきまりの基本を理解するための問題です。

4年生では、たし算、かけ算の計算のきまりを学びます。

次の計算の基本をしっかり理解してください。

実際の計算をしたときに、どちらの計算をした方が計算しやすいかを確認していきましょう。

この後で、いろいろな工夫する計算の練習をします。

基本事項

実際に計算問題を作って確かめてみましょう。

たし算、かけ算の計算の順番はいれかえても同じ、3つ以上あるとき、どちらを先に計算しても同じ

  • ◯+□=□+◯
  • ◯×□=□×◯
  • (◯+□)+△=◯+(□+△)
  • (◯×□)×△=◯×(□×△)

( )内を先に計算してその答えにある数をかけても、( )内のそれぞれの数にある数を(分配して)かけても同じ(分配法則)

  • (◯+□)×△=◯×△+□×△
  • (◯-□)×△=◯×△-□×△

例)(2+3)×4=2×4+3×4

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

*同じ答えになる計算は計算が楽だった方に◯をつけてみましょう。

kimari1-1のサムネイルkimari1_2のサムネイル

kimari2_1のサムネイル kimari2_2のサムネイル

関連

 

 

(Visited 2,403 times, 19 visits today)