平均の問題

平均の問題です。

中学の数学や資料の読み取りなど、いろいろな分野で今後必要になってきます。基本的なことをしっかり理解して、いろいろな応用問題にもチャレンジしてみてください。

基本事項

いくつかの数量を、同じ大きさになるようにならしたものを平均といいます。

*下のように3つの入れ物に 5dL、9dL 、4dLの水が入っているとします。

この水を1つにまとめて、3つに等しく分けると下のようになります。

計算は 3つにまとめると 5+9+4=18  3つに分けると 18÷3=6dL と求めることができます。

 平均=全体量(合計)÷いくつ分(個数)
 *たし算が複雑になる場合は工夫して計算するようにすることも考えてみましょう。 

平均から合計を求める

平均が分かっていれば合計の量を求めることが出来ます。

例)算数、国語、理科、社会の4教科の平均点が70点のときを考えます。

4教科の合計点は 70×4=280点になります。

全体量(合計)=平均×いくつ分(個数)

算数が60点、理科が75点、社会が65点のとき、国語の点数を求めます。

合計ー(算数+理科+社会)=国語になるので

280ー(60+75+65)=80       80点 と求めることが出来ます。

 *平均から合計を求めることで、いろいろな応用問題を解くことが出来るようになります。 

→平均のいろいろな問題(しばらくお待ちください)



練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

平均の基本的な問題

heikin1_1のサムネイル heikin1_2のサムネイル

合計から求める問題

heikin2_1のサムネイル heikin2_2のサムネイル

小5/標準問題集 算数

新品価格
¥1,100から
(2020/6/20 00:03時点)

(Visited 31,241 times, 7 visits today)