偶数と奇数

偶数と奇数について学びます。

偶数と奇数の分け方、たし算やひき算した数が偶数になるか奇数になるかという問題が出ます。

問題を読んで意味が分からないことがないように、しっかり問題を読んで、理解しているかを確認してください。

基本事項

2でわり切れる数が偶数2でわり切れない数奇数です。

0〜7の整数を2でわると

0÷2=0あまり0

1÷2=0あまり

2÷2=1あまり0

3÷2=1あまり

4÷2=2あまり0

5÷2=2あまり

6÷2=2あまり0

7÷2=2あまり

となるので 偶数は 0 , 2, 4, 6  奇数は 1 , 3 , 5, 7

となります。

*0は2でわると0なので、偶数にします

偶数と奇数はかわるがわる1おきにならびます。

が偶数 が奇数

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

一の位で偶数と奇数を判断する

一の位の数が 0、2、4、6、8 なら偶数

例 24 , 652 , 398  , 1020 , 5266

一の位の数が 0、2、4、6、8 なら偶数

例 35 , 223 , 417  , 2221 , 6009

偶数と奇数の計算のきまり

偶数+偶数=偶数 奇数+偶数=奇数

奇数×奇数=奇数 奇数×偶数=偶数

などの計算のきまりの問題も出ます。

まずは具体的に 2+6=8  3+6=9 など計算に当てはめて確認してください。

 

次の段階で 偶数+偶数=(2の倍数)+(2の倍数)  奇数+偶数=(2の倍数)+{(2の倍数)+1}

というような考え方が出来るように導いていきます。中学の数学の証明につながる部分ですが、現時点で分かりづらければ、具体的な数字を入れて考えるだけで釜いまs年。

 

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

gusukisu1_1のサムネイル gusukisu1_2のサムネイル

gusukisu2_1のサムネイル

 

(Visited 8,597 times, 16 visits today)