正多角形

正多角形の基本問題です。

基本事項

辺の長さがすべて等しく,角の大きさもすべて等しい多角形のことを正多角形といいます。
正多角形には,下のように,正三角形,正四角形(正方形),正五角形,正六角形などがあります。

中心角

円の1周は360度です。

正六角形の1つの変に対する中心角

360÷6=60°と求められます。

作図の方法

正多角形は作図も出来るように練習してください。

円の中心を分けて作図します。

正八角形の場合

中心を8等分します。(角度は45°)コンパスや分度器を使って作図しましょう。

正六角形の場合

正六角形は半径と1辺の長さが同じになります。

コンパスを使って作図してみましょう。

*他の正多角形の作図もしてみましょう。

練習問題をダウンロードする

画像をクリックすると、 PDFファイルをダウンロード出来ます。

seitakaku1のサムネイル seitakaku2のサムネイル seitakaku3のサムネイル seitakaku4のサムネイル

(Visited 7,431 times, 1 visits today)