小数×整数の筆算のやり方です。

基本は整数のかけ算と同じですので、小数点の位置や書き忘れに注意して練習してください。

2.6×8の筆算をする

小数のかけ算は、小数点の位置に関係なく、かけられる数・かける数の右はしをたてにそろえて書きます。

5年生の小数どうしのかけ算になっても同じですので、しっかり覚えておいてください。

小数点がないものとして、整数のかけ算と同じように計算します。

かけられる数にそろえて、積の小数点をおろします。小数点の書き忘れに注意してください。

練習問題をダウンロードする

画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

問題は追加する予定です。

kakezan1_1のサムネイル kakezan1_2のサムネイル

kakezan2_1のサムネイル kakezan2_2のサムネイル

kakezan3_1のサムネイル kakezan3_2のサムネイル

真小数×整数

0.3×4のような計算です。筆算にしなくても計算出来ますが、筆算の形にしたときの小数点の位置を確認しておきましょう。

sinsyosu1のサムネイルsinnsyousu2のサムネイル

積が整数になる場合

積が整数になる場合、小数点と0を消しておきます。

*筆算を残さなくていい場合は、答えを書く時に整数で答えればOKです。

0nosyori1のサムネイル 0syori2のサムネイル

小数のかけ算2(2けたの数をかける)

小4計算 (早ね早おき朝5分ドリル)

中古価格
¥167から
(2017/9/20 00:09時点)

(Visited 81 times, 1 visits today)