数直線上で大きな数を表す、不等号で大小比較などをする、簡単な和と差の出し方などの問題です。

基本的なことが分かっていれば、それほど難しいものではありませんが、数直線の目盛りの読み方など、数が大きくなると注意しないと間違えやすくなります。

いろいろなパターンの問題で練習しておくことをおすすめします。

新しく習う言葉

→たし算の答え →ひき算の答え

 

32億と23億の和と差をもとめる などの問題が出題されます。 位をそろえてたし算、ひき算をしてください。

応用レベルになると、筆算で位をそろえてたし算、ひき算をすることもあります。中学受験レベルの問題まで解けることを目標にする場合は、大きな数のたし算、ひき算の筆算の問題で練習してください。(後ほど問題をアップします。)

練習問題をダウンロードする

*画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

数直線の問題

sikumi3_1のサムネイル sikumi3_2のサムネイル

大小、和と差など

sikumi4_2のサムネイル sikumi4_1のサムネイル

ひとりで学べる算数 小学4年生 (朝日小学生新聞の学習シリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2017/5/18 17:21時点)

(Visited 1,330 times, 3 visits today)