角の大きさをはかる基本的な問題です。

角度についての基本的な知識や分度器の使い方を学びます。

この単元では分度器が上手く使えるようになることが大切です。使いやすい分度器を選んで、正確に角度をはかれるように練習してください。

分度器の使い方のポイント

 

分度器は使いやすいものを選ぶ

まずは使いやすい分度器を選ぶことが大切です。透明でメモリが見やすいもの、お子さんの手の大きさや滑りやすくないかなどを考えて選ぶようにしてください。

おすすめの分度器

コクヨ 分度器 まなびすと 再生PET樹脂製 90x50mm 半円 GY-GBA310

新品価格
¥53から
(2017/4/14 12:33時点)


目盛りの見やすい分度器です。

基準となる線から分度器がずれないようにする

 

下の図のようなアとイの間の角度をはかるとき、アの線に合わせてからイの目盛りを読み取ります。

しかし慣れていないと、いつの間にか分度器がずれてしまって、ずれた位置の角度をはかってしまうことがあります。作図するときも分度器のずれによって間違えることが多くなります。

分度器がずれないように手でしっかり押さえる練習をまずしてください。

また、合わせる位置を勘違いして覚えてしまわないように、分度器によっても基準の線の位置が違いますので、最初にしっかりどこに合わせてはかるかを確認することが大切です。

目盛りの位置と読み方を理解する

分度器は目盛りが内側と外側についているので上の図の場合は内側の角度を読み取らなければならないのですが、外側を読んでしまうこともあります。

外側と内側の目盛りはどこが基準になっているか、分度器を使う前に目盛りの意味をまず理解するようにしましょう。

図の場合、角度をはからなくても、90度以下の角度になることを問題を見た時点で想像出来るようにすることも大切です。

 

練習問題をダウンロードする

*画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

*問題は追加する予定です。

角度の基本

kakudo1のサムネイル

 

角度の大きさをはかる

ookisa1_1のサムネイル ookisa1_2のサムネイル ookisa2_1のサムネイル

 

角度を計算でもとめる

(Visited 3,138 times, 7 visits today)