がい数を使って、商や積の見積もりを出す問題です。

和と差の見積もりと同様に答えの見積もりを素早く出すために、指示されたがい数にしてからたし算やひき算をします。

合計金額や一人当たりの金額の見積もりなど、日常生活でおよその見積もりを出すようにしてみましょう。

例)533×274 を上から1けたのがい数にして見積もる

533×274 → 500×300=150000 約 150000

*上から1けたのがい数にすると、暗算で求められるようになります。

練習問題をダウンロード

*画像をクリックすると、PDFファイルをダウンロード出来ます。

*問題は追加する予定です。

積の見積もり

mitumori1_1のサムネイル mitumori2_1のサムネイル

商の見積もり

syoumitumori1_1のサムネイルsyomitumori2_1のサムネイル

 

 

基礎から発展まるわかり小4算数

新品価格
¥1,404から
(2016/11/9 22:39時点)

(Visited 4,186 times, 7 visits today)