4けた÷2けたの筆算

4けた÷2けたのわり算の筆算の問題です。

商をどこの位に立てるかがポイントになります。すぐに判断出来るように練習してください。

4けた÷2けた=2けたになる場合

例)1952÷32

19は32より小さいので商は1000や100の位には立ちません。

195は32でわれるので、商は10の位から立ちます。

わり算を続けていきます。

答えはわり切れて61になります。

4けた÷2けた=3けたになる場合

例)8456÷24

84は24でわれるので、商は100の位に立ちます。

100の位に商に3を立ててわり算をしていきます。

10の位には5が立ちます。

1の位には2が立ちます。

答えは 352あまり8になります。

練習問題をダウンロードする

*画像をクリックするとPDFファイルをダウンロードできます。

*答えは筆算のやり方のみになっています。あまりの書き方は学校で習った書き方にしたがってください。

4けた÷2けた=2けた

4waru21_1のサムネイル4awaru21_2のサムネイル4war21_4のサムネイル 4waru21_3のサムネイル

4けた÷2けた=3けた

4waru22_1のサムネイル 4waru22_2のサムネイル 4waru22_3のサムネイル

 

小学4年 計算 特訓ドリル: 反復練習で確かな力をつける

新品価格
¥734から
(2017/8/24 17:36時点)

(Visited 822 times, 1 visits today)