3けた÷2けた=1けた のわり算の筆算の問題で、見当をつけた商を小さくしていく問題です。

商の見当を素早くつけられるよう練習してください。

例)369÷46の場合

36は46より小さいので、商は一の位に立ちます。

360÷40→9と見当をつけます。

9を立てると、46×9=414となり、369から414はひけません。

9を小さくして8を立てて筆算をします。

答えは 8あまり1 となります。

*見当をつけた商を2回、3回と小さくしていく場合があります。出来るだけ素早く見つけられるように練習してください。

練習問題をダウンロードする

*画像をクリックするとPDFファイルをダウンロード出来ます。

*あまりの書き方は学校で習った書き方にしたがってください。

仮商修正1回 あまりなし

kasyosyusei1_2のサムネイル kasyousyusei1_1のサムネイル

仮商修正1回 あまりあり

kasyosyusei2_1のサムネイル kasyosyusei2_2のサムネイル kasyosyusei2_3のサムネイル

仮商修正2回

kasyosyusei3_1のサムネイル kasyosyusei3_2のサムネイル kasyosyusei3_3のサムネイル

仮商修正3回

kasyosyusei4_1のサムネイル kasyosyusei4_2のサムネイル

小学4年 計算 特訓ドリル: 反復練習で確かな力をつける

新品価格
¥734から
(2017/8/1 23:54時点)

(Visited 506 times, 3 visits today)